MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

ぎっくり腰がよくなるストレッチについて

こんにちわ、吉村です。

 

 

腰痛持ち、また、たまにぎっくり腰になる方のためのストレッチ動画です。この動画ですが、整体院の先生が優しく説明してくれているので、凄く分かりやすいです。

 

 

整体院で紹介している運動のいくつかの効果があるものを動画にしてくれています。筋肉が硬い方が腰痛になっていますので、日頃から腰回りの硬い筋肉を緩める気持ちが大事です。

 

ぎっくり腰は突然動けなくなるのですが、這うしか出来ない、座れない、寝転がれない、、、こういったのがぎっくり腰ですが、筋肉が固まったいるため症状が出ます。

 

 

しかし、仕事があるために寝たきりには厳しいですので、すぐに立って動き出せる様にこのストレッチを覚えておくといいでしょう。応急処置的に動くことが出来ます。この動画であれば速い方であれば20分、30分位で動けるようになります。

 

 

そして、身近な整体院で治してもらうといいです。

 

 

まず、うつぶせになるのですが、このポイントは腰の力、お尻の力を挿れない事です。しかし、場所としてはその辺りを揺らします。

 

 

足を交互に横に広げて、腰周りの筋肉を揺らしていきます。

 

 

何故揺らすのか、どうすれば腰の筋肉が揺れるのか?
カラダは上半身と下半身が連動しています。普通腰を揺らす場合、腰の力、背中の力を使って左右に揺らします。しかし、ぎっくり腰の場合、その腰の筋肉が固まって動かすことが出来ません。

 

 

動かすとぎっくり腰の場合激痛が走りますよね^^;

 

 

その腰の筋肉を動かす場合、上半身、手を上手に使って腰を振っていきます。手を床を押す感じで揺らしていきます。そのまま押すと上半身が動きますので、動きはこのままで上半身をかためるイメージです。そして、先ほどの左右に揺れる動きをすると上半身と下半身が連動してるため、腰が揺れ始めます。そうすることで、腰、お尻、膝が動くために柔くなるのです。

 

 

力を挿れているのが腕だけです。腰は柔く、緊張が溶けている状態ですので、下半身と連動して腰が動いてくれるのです。この運動をすることで腰の筋肉が緩んできます。

 

 

手で床を押すイメージが大事です。しばらく数度動かすことが重要です。

 

 

ぎっくり腰の場合、人によって腰の筋肉が固くなっている場所が違います。ですので、この動画の動きで効く人、そうでない人がいます。この体勢がキツイという場合もあります。

 

 

動画に書いてますが、まっすぐがいいのか、ちょっとずれたほうがいいのか、痛みの範囲で動かしてみるといいかもしれません。手を自分で調節しながら、腰の筋肉が痛くない所があるので、ソコを探します。

 

 

何処はは必ず痛くないポイントがあるため、そのポイントを自分で見つけてもらって、見つかった所で先ほどの揺らすという動きをしてみてください。最初は小さく、そして徐々に緊張が溶けてきたら、腰の筋肉を柔くするための左右に動かしていきます。

 

 

慣れてきたら、段々と動きを大きくしていき、腰を動かすのではなく手で床を押すイメージで腰をゆるめるという感じですね^^。腰にその揺れが伝わるというイメージ。お尻、ももに伝わって筋肉を緩めるという感じですね。

 

 

色々なバリエーションがあるので、興味がある人は、腰のポイントを探してみることが大事ですね。逆側の同じですので、逆側もやってみてください。

 

 

そうするとだいぶん腰が緩んできます。床でやるともっと動くので、マットよりもいいかもしれません。腰が揺れます。

 

 

目的としては、腰の筋肉を緩めるための運動です。手がキツイですが、腰を緩めるためには必要です。

 

これはビックリするくらいぎっくり腰が楽になるので、ぎっくり腰になりやすい方は覚えておくといいです。私も過去4度ほどぎっくり腰になったことがあります(笑)

 

 

しかし、1回の時はこの動きを知っていたので、すぐに良くなりました。

 

 

普段の腰痛のケアは大事です。

 

ぎっくり腰は、普段の筋肉の緊張がある方が、あることがキッカケでなる場合が殆どです。ですので、普段から腰の筋肉を緩めておく必要があるのです。

 

 

私は、普段から腰痛持ちですので、しっかりと無料動画などで勉強してストレッチをしていますし、腰痛改善のDVDを持っていますので、普段から腰の筋肉を柔くするイメージを持っています。

 

 

ですので、もし不安があるような場合は、しっかりと腰のケアをしてみるといいですよ。