MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

ヨガの動きで腰痛を軽減

こんにちわ、吉村です。

 

私もそうなんですが、座りっぱなしの方は腰の筋肉が硬くなりますよね。腰痛持ちの方は立ち仕事よりも座りっぱなしで腰の筋肉やお尻のくぼみの筋肉が硬くなっているという人が多いような気がします。

 

 

今日は、腰痛がヒドい方の為にオススメのストレッチを紹介しますね^^。

 

 

 

座りっぱなしで凝り固まっている腰に効く

 

この動画はヨガの動きを取り入れていますね。リラックスして腰まわりの筋肉を緩めてあげる様にします。まず、ヨガマットなどの上に座り、両足をまっすぐに伸ばすことからはじめます。

 

 

腰痛は筋肉が硬くなることが原因ですので、まず、両足を伸ばした状態でブラブラと振ります。そうして緩めるイメージをまずしっかりと感じて下さい。

 

 

足の裏と裏を合わせて、足を持ち、股関節の筋肉を緩めるイメージで振ります。膝を振る感じですね。股関節の筋肉を緩めるイメージ。

 

 

その後、体育座りの形になり、足を閉じてあげます。

 

 

足を閉じた後、今度はお姉さん座りの様な形になります。左にお姉さん座りをして、右の足を左の太モモに添えるようなイメージを持ちます。この時、少し左のお尻が浮いていても大丈夫です^^。

 

 

吸う息で背骨を伸ばし、吐いて手の位置を一歩ずつ後ろに移動していきます。ちょっと分かりづらいので動画を観てください^^;すみません、説明不足で、、

 

 

尾てい骨、背骨、お尻の位置がズレてひねっているのを感じていきましょう。そうすることで、腰の筋肉に効いているのを感じることが出来ると思います。呼吸は止めないことが大事。

 

 

ヒジを伸ばしたまま捻ろうとしたら腰に刺激が強く入りますので、イタ気持ち良い感覚でヒジの伸ばし方を調整してみてください。痛すぎるのであればヒジを少しだけ曲げることで、腰への負担が減ってきます。

 

 

『もう少しだけねじったら気持ちいいかも、、』と思うのであれば、手の位置をお尻の位置くらいまで捻ってみてください。いけるところまでひねることで、腰に効いた感じが分かるはずです。

 

 

後ろに後ろにねじります。痛みを感じるとおしりに力が入るので、お尻に力を抜きます。吸いながら手の位置を戻していきます。元の体勢に戻ります。

 

 

左足を前に出して、カラダを前に倒して行きます。腰から倒していきます。手のひらがべったり付く位置で息を吐きながら両肘をマットに付ける。この感覚が腰から曲げるという感覚です

 

ヒジの位置を前に前に、前屈はいつも腰から倒す意識を持つことで、腰の筋肉を柔らかくしています。息を吸いながら状態を引き上げます。コレでストレッチは終了です。

 

 

ヨガの動きを慣れていない方は若干難しいかもしれません。ヨガは呼吸が大事ですし、慣れていない方は呼吸を止めてしまうので、ヨガの柔軟性を意識出来ません。

 

 

ですが、しっかりと腰を曲げる際にも呼吸を意識しながら取り組むことで、腰、お尻のくぼみの筋肉を緩めることが出来ます^^。ヨガのこの動きは腰の筋肉、そしてハムストリングなども柔らかくしてくれるので、ぜひ覚えてみてください。

 

毎日の腰痛対策をしっかりとすることが大事

 

腰痛は毎日のケアで軽減できます。私も毎日座り仕事ですので、腰、お尻のくぼみ、臀部が非常に硬くなるんですよね^^;

 

 

ですから、テニスボールを使ったストレッチ、適度な運動、腰の筋肉やお尻の筋肉が緩むストレッチなどを取り入れて、常に腰回りに緊張を無くし腰を柔らかくして緩めてあげる事を意識しています。

 

 

ヒドい腰痛は、ストレッチをしたからといっていきなり治るものでもありませんが、しっかりと緩める事を意識して取り組んでいると、腰回り、尻の周りの筋肉は緩んできます。

 

 

緩んでくることで、全体的に緊張が無くなってくるので、徐々に腰痛が改善されます。

 

 

腰回りの筋肉、お尻周りの筋肉、ハムストリング周りの筋肉が硬い状態で生活すると、突然ギックリ腰になる可能性があります。ギックリ腰になると動けません^^;

 

 

本当にツラいですので、そういったことがないように日々のケアをしっかりとしておくことが大事です。

 

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<