MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

こんにちわ、吉村です。

 

腰痛にも色々とあり、背中を丸めると痛いとか反らすと痛いとか色々あります。通常、座ると脊髄に負担がかかるために、腰痛がある方は座っている体勢が最もキツイと言われています。

 

座ると圧力がかかるんですね。また、背中を丸めているのと、反った時に痛いという場合は、背中を丸めている状態の腰痛の方は結構治りやすい様ですね。どちらかと言えば、背中を反った状態で痛みがある様な場合のほうが治しにくい様ですね。

 

 

例えばですが、反るというとグーッと反るイメージがあると思いますがそうではなく、前かがみになったあと、元の状態に戻す時に痛みが出る場合が多いようです。腰痛持ちの方の多くが勘違いしているのですが、反った状態というのは、前かがみから元の状態に戻す時の姿勢となります。

 

 

座っていて立ち上がる時、こういった時も背中を反っている状態になります。ですので、そういった所で腰痛が出る可能性が高いんですね。腰を反る運動が出来ないという方(後屈)は何処を見るのか?

 

 

後脛骨筋を見ます。反らす時何度も繰り返すとキツイワケです。後屈ですが、どうやってやれば脛骨筋が効いているのかを調べます。

 

寝た状態で膝を立て、お尻を浮かします。そうするとお尻を持ちあげれない、、という方がいる。その際、後脛骨筋を押さえてあげてお尻を上げる事で、後脛骨筋が悪いということが分かります。

 

 

あとは後脛骨筋を柔くする、緩めることで 随分と腰痛が改善されることがあるため、まずは反ってから腰痛が出る人はこういった部分を改善するといいそうです。

 

腰痛と大腰筋について

 

大腰筋、お腹を見て、大腰筋を緩めてあげる方法があります。

 

 

大腰筋からの繋がりで、後脛骨筋が影響していることが多いようです。後脛骨筋を緩めることで、大腰筋も緩み、腰痛を改善を出来る場合が多いようです。

 

 

腰が悪い人は大腰筋が張っています。正しく触るとかなり痛いです。

 

 

大腰筋をまず触り、その痛みを知ってもらいます。そして、後脛骨筋を緩めた後で大腰筋をチェックしてさわり治します。そうすることで、かなり腰痛が改善できていることが多いようです。

 

 

大腰筋と後脛骨筋はリンクしているため、後脛骨筋をまずしっかりと緩めることで腰痛が改善することが多い。直接後脛骨筋を触りビフォーアフターを見る。色々な方法がありますが、足のうき具合、腰の変化を感じさせる事で、腰痛の原因が分かるようになります。

 

 

後脛骨筋を緩めると痛いですので、身長にします。

 

大腰筋を緩める方法について

 

大腰筋はセルフケアで治ることが出来るのか?おそらく出来ます^^。

 

 

腰痛のストレッチ以外にも、痛いところのストレッチですが、痛い、無理な体勢のことは極力してはいけません。そうすると繊維、筋などを痛めることになるので、余計悪くなります。ですので、イタ気持ち良いという感覚でストレッチをする事をオススメします。

 

 

大腰筋を緩める方法として、動かずに緩めることが出来ます。

 

 

まず、仰向けに寝た状態になり、膝を上げます。そして無理の無い様に膝を外側へ倒します。膝を下に降ろした状態で痛い場合は、下から手で支えて上げましょう。

 

 

膝を外側へむけた状態にします。腰骨の横に来るように膝を曲げてあげます。押さないようにします。そのまま、腰骨の内側に触れて深呼吸をします。おヘソの横にも手を置き、吸って吐いてを繰り返します。

 

 

最後はみぞおちへ置き、深呼吸します。腰骨の内側に手をおいてやります。そうすると大腰筋が緩んできますのでしてみましょう。

 

 

リンパが緩みますので、効果がありますよ。