MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

慢性的に腰痛が改善する方法

こんにちわ、吉村です^^。

 

ヒドい腰痛を持っている方、こういった方は毎日のストレッチが欠かせないと思いますが、やはり少し行っただけでは厳しいのが現状です。

 

 

そこでひどい腰痛を持っている方へ有効な腰痛改善方法の動画を紹介します。

 

ヒドい腰痛を改善するための体操

 

 

【概要】
この動画は、慢性的に腰痛になっている方へ改善の仕方を教えてくれている動画となっています。

 

 

まず仰向けになり、膝を立ててあげます。そして、手のひらを地面につけてその力で腰を上に押し上げます。この状態で20秒ほどキープしておきます。

 

 

この時、腰が痛い方は我慢が出来ないという場合がありますが、そういった時は手のひらを押さえつけて、腰を支えるイメージを持ちます。そして戻します。

 

 

20秒位休憩して、更に持ち上げます。そして同様に腰を浮かせて20秒。この繰り返しで1セットとして、3セット行って下さい。

 

 

次に行うことは、片方の足を抱えて(膝を抱きかかえる)胸の方に押しこむように持ってきます。これも先ほどと同様に20秒位キープします。

 

 

足を真っ直ぐにして10秒位キープ。同様の足を更に3回。

 

 

逆の足も同様に行います。

 

 

次は両足を抱え、膝を胸に持ってきます。20秒キープ。完全にキープして足を伸ばし、10秒位キープ。休憩した後はまた同様に膝を胸元にキープ。

 

 

この運動をすることで、腰の筋肉、そしてお尻からハムストリングの筋肉の硬さを調節出来ますので、柔くして緩めてあげることが出来ます。

 

 

仰向けになって両足と片足を伸ばしたあとは、四つん這いになります。四つん這いの状態から腰を下に落とす感じで数度行って下さい。腰だけを下ですね。

 

 

腰を下にしたまま20秒キープ。腰が反ってキツイ方は時間を多めにしても大丈夫です。

 

 

次は、逆に猫のポーズをします。お腹に力を挿れる感じで力を入れていきます。これも20秒。

 

 

丸くする、下に下ろすという動作を3セット繰り返して行います。

 

 

ヒドい腰痛の場合、このセットを繰り返すことで、殆どの場合すっきりしますので試してみてください。

 

腰の痛みの原因

 

腰の痛みがある人はお尻の筋肉、ハムストリングの筋肉がつった状態になっている場合が多いです。

 

 

腰が痛い方は、すぐに腰をマッサージする人が多いですが、実はお尻のくぼみと呼ばれる部分、その他のお尻の骨のキワの部分の筋肉が凝り固まっている場合が殆ど。

 

 

腰だけをいくらマッサージしても、全然疲れが取れないという方は、実はお尻の筋肉がかなり傷んでいるという場合が多いので注意が必要です。

 

 

私も以前腰痛がヒドい時、マッサージをしても一向に治らなかったのですが、テニスボールを使ったお尻の筋肉のほぐし方の動画を観て感動した1人です。

 

>>テニスボールを使った、腰痛改善方法とお尻の筋肉の緩め方

 

その後、自宅でも腰が痛いのを改善することが出来るんだという気持ちが出てきて、有料のDVDも買ったのですが、腰痛の改善方法は自宅でも出来るというのは知っておいていいと思います。

 

 

腰痛の原因は筋肉が硬くなる為に起こります。筋肉の硬い状態をそのままにしておくと、血管が詰まるため、いきなりギックリ腰になったりします。急激に刺激を与えることで更に刺激が出るという事になります。

 

 

ですので、まず腰痛があるという方であれば、しっかりと筋肉を柔らかくする必要があります。筋肉を柔らかくする事を筋肉を緩めるという言い方をしますが、お尻のくぼみ、ハムストリングまでしっかりと緩めてあげる事が大事です。

 

 

お尻の筋肉を緩めるという感覚が分からない方が多いと思いますし、ハムストリングの硬さが腰痛に関係があるというのが理解できないという方も多いかもしれません。でも、この状態をずっと続けるとかなり悪くなる為に注意が必要です。