MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

教科書にのせたい!のストレッチ方法

こんにちわ、吉村です。

 

 

テレビであった■■【教科書にのせたい!自宅で出来る腰痛改善方法】■■についての動画があったので、ちょっと紹介してみたいと思います^^。

 

  • 自宅でやっている■■腰痛になりやすいクセ■■
  • 自宅で簡単にできる腰痛改善の方法

 

などを紹介している動画になります。

 

 

酒井先生という方。腰痛がある方でも3分の1くらいの人でなければ病院に行っていないということです。そういった方は放置しておくと■■かなり危険な腰痛の病気■■になる場合があり危険です。

 

 

自宅で治す腰痛対策があるので、それをしっかりと説明している動画ですので、いい感じです。椎間板ヘルニアの伊集院さんとかもいますね^^。

 

 

まず座る体勢によって、腰痛がある、腰痛になる危険度が分かる。椎間板にかかる圧力で説明しています。

 

 

例えば、立っている状態の椎間板へかかる圧力を1倍とします。

 

 

しかし、イスに座ると椎間板に圧力がかかります。つまり、立っている状態の重力の圧力1倍だとしたら、■■姿勢をよく椅子に座った場合の椎間板にかかる圧力は1.5倍■■になります。

 

 

姿勢のいい状態でも椎間板にかかる圧力は1.5倍になるのです。

 

 

椎間板ヘルニアの方は座るのがキツイという事になります。椎間板ヘルニアの患者さんは立って問診してくれという方が多いようですが、座るだけで、しかもいい姿勢で座っても、立っているよりも圧力が椎間板にかかるんですね^^;

 

 

また、姿勢が悪い場合、昔のヤンキーの座り方、ダラっとした座り方をした場合■■椎間板にかかる圧力は、立っている時が1倍としたら約1.9倍■■になります。

 

 

そして、前かがみの悪い状態から足を組んだりすると、更に椎間板にかかる圧力が増えてきますので、椎間板がひねる形になるので、■■足を組むと2倍、3倍■■になるんですね^^;

 

 

ですので、こういった座り方をしないで注意する、姿勢を正しく座ってあげるだけでも■■腰痛の予防■■にはなるので、ちゃんとした座り方をしておく必要があるんですね。

 

実際に腰痛になった場合

 

この動画では、腰痛になった場合でも、痛みを和らげる■■腰痛関節体操■■というものを紹介しています。この腰痛関節運動というのは、自宅で1分で出来るというモノで、私も試したのですが非常に腰が気持ちいいです。

 

 

やり方は簡単

  1. 真っすぐ立って足を開き、肩幅に開きます。
  2. そして、手を後ろで組んでヒジを出来るだけまっすぐに伸ばします。
  3. 腰を前にグーッと押し出すようにして反ります
  4. 余裕がアルバイは左右に腕を振ります。
  5. これを30秒、朝と夜にします。

 

これだけで凄く腰がスッキリします^^

 

やった後は凄くイスに座りやすいというのが体感できます。

 

日々の腰痛改善をしっかりとする事が大事です。

 

これは日々どれだけ腰痛に対して意識しているかが大事ですね。私もかなり腰痛に悩まされていましたが、毎日の生活でしっかりと腰痛に対して意識して出来るだけ負担をかけないように、■■腰の筋肉を柔くする様に■■気をつけていましたので、腰痛が改善できました^^。

 

 

皆さんも日々の腰痛対策をすることで、出来るだけ負担がないようにできますので、しっかりと実践してみてくださいね^^。

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<