MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

腰痛改善の簡単なストレッチ

こんにちわ、吉村です。

 

この動画ですが、整体師の方がYou Tubeにアップしているのですが、自分で治そう腰痛の簡単な治し方という動画です。自分で腰痛を完全に治すことが出来るのか。

 

 

この動画では、腰痛がひどい方、痛みの強い方はオススメしていないので注意して自己責任で行って下さい。まず、専門医、治療医に見せることを推奨しています。軽めの腰痛の場合のみ行って下さい。

 

 

まずこの動画を全て見て、自分の腰に影響があるかどうか?というところを調べて、決して無理をしないで行って下さい。

 

 

まず、前屈や後屈がどれ位出来るのかというのを試します。そこからがスタートとなります。ユックリと体を曲げます。前に前屈した際、お尻が後ろに引ける方はふくらはぎ部分が硬いということが分かります。

 

 

次に、腰に手を乗せて後ろ側にどれ位体が倒せるかを調べてみてください。後屈して起き上がる時は、腰から起こします。決してアタマから起こさないことです。アタマは重くて首が細いですので、腰以外の場所を炒める可能性があります。

 

 

ですので、後屈する際は起きる時は腰から起こして下さい。後屈してみて後ろに反れない方はモモの前部分が硬いということが分かります。

 

 

これで、前屈と後屈がドチラが痛いのか?というところを覚えておきましょう。

 

 

前屈が出来ない、前屈をした際、腰に痛みを感じるという方は、ふくらはぎ、モモ、お尻、そして腰の筋肉が硬くて前にいくのを邪魔しているということが分かります。

 

 

反対に、体が後ろに全くいかないという方は、太モモの前側の筋肉が張っていることが多いです。

 

 

人間は体を前にやるのも(前屈)、後ろに倒すのも(後屈)、全ては股関節が基準となっているのが基本です。動きの中心は股関節です。

 

 

しかし、股関節が硬くなってしまうと、腰を中心にして動かしてしまう為に、腰に負担がかかってしまいます。腰を中心にして動かしてしまうと、腰の関節は動かない関節ですので腰痛になります。

 

 

ですので、体をまっすぐに支える役目の腹横筋を鍛えることが大切になってきます。そして、太モモの前、後ろをストレッチすることで体幹が安定して股関節が柔軟に動き出せる環境を作り出すことが出来るようになります。そうすることで腰痛、そして股関節の可動域が改善していくのでまずはしっかりと柔らかくしていくことが大事です。

 

 

腹横筋のトレーニングですが、仰向けになり膝を曲げて寝ます。大きく鼻から息を吸います。そして吐くときに、骨盤の出っ張りの内側を触ります。息を吐きながらお尻の穴を閉めます。

 

 

腹横筋が動くと腹式呼吸になり、酸素がたくさん入りますのでこれを5回繰り返します。骨盤の横の筋肉(腹横筋)は、息を吐きながらお尻の穴を締めるイメージ。そうすると膨らみますので分かります。

 

 

この膨らみをしっかりと触ることが出来ると、腹横筋がしっかりと作用しているということが分かります。そして太モモの前に手をやり、腹筋の要領で行います。呼吸を止めずにおこないます。

 

 

体幹が安定してきたら立ちます。ふくらはぎも柔らかくしてあげます。ふくらはぎのストレッチは、深呼吸をしながら壁に手を当ててふくらはぎにテンションを掛けます。

 

 

10秒間キープすると、ふくらはぎがしっかりと伸びて緩みます。イタ気持ち良い所で止めて伸ばしてあげましょう。両足のつま先をしっかりと正面に向けるのが大事です。先程よりも前屈が出来るようになります。

 

 

モモの前を伸ばすストレッチをします。立ったままで足を持ちます。腰痛がヒドい方は、横になってモモを伸ばします。腰の無理がある、痛みが走ったという方はすぐにやめてくださいね。

 

 

20秒キープしてやめます。これで後屈も出来る様になると思います。

 

動画の感想

 

整体師の方の説明が非常に分かりやすかったですよね^^。

 

 

体を後ろ、前共に曲がりやすくなりました^^。

 

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<