MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

立ったまま出来る腰のストレッチ運動

こんにちわ、吉村です。
今日は立ったままでも出来る腰痛のストレッチの動画を見つけたので説明していきますね。

 

 

私の場合座りっぱなしですので、どちらかと言えば、エコノミー症候群などの様に血流が悪くなる事、また、脊髄に負荷がかかることから腰痛が出るタイプですが、立ち仕事でも腰痛がある方がいます。

 

 

そういった色々な腰痛のバージョンがあるのですが、これは立ったままでも出来る腰痛の緩和ストレッチです。立ちっぱなしの状態だと腰が張るという状態になる場合が多いですが、そういった方でも出来る立ちっぱなしでも出来る腰痛予防ストレッチ。

 

 

気持ちいいです^^。リラックス出来ますのでぜひお試し下さい。

 

 

まずまっすぐに立ち、足を肩幅よりも少し広めに広げ、前屈の状態になります。そして手を重しの様なイメージで、上下にアタマと一緒に落とす感じでブラブラと揺らしてあげます。

 

 

アタマと手を一緒に揺すっていくというイメージですね。

 

 

あまり前屈し過ぎると、お尻の裏側、足の裏側の筋肉ばかり伸びてきますので、状態をあまり倒さない様にします。もちろん、お尻の筋肉が硬いのは腰痛にも関係ありますので、もしもお尻がコワっているようであれば深めで揺すってみるといいです。

 

 

ここでは腰痛、腰の筋肉に利かすストレッチですので、あまり深く沈まない様にします。背中と腰が伸びているイメージで前屈してください。

 

 

膝が突っ張った状態で、アタマ、肩、手を立てに揺するイメージですね。目は開けておきます(笑)

 

 

そして揺すったあと、左へ開きます。左の足は開き、体自体はしっかりと左側に向けた状態で前屈をします。左へ倒す時は右の腰が突っ張る感じを体で感じる様に揺すって下さい。

 

 

腰が突っ張る状態で揺することで、腰の筋肉が緩みますので、ダラっとして緩めてみてください。少しずつ真ん中にズラし、今度は反対側。

 

 

両方の腰が突っ張るイメージですね。

 

 

その動きが終わると、今度はアタマを下にしたまま前屈の状態でお尻を小さく揺すります。お尻を揺するのは肩も一緒に手もブラブラさせながら揺すります。こうすることで小刻みにお尻が揺れる感じになるので、ブラブラと揺すって下さい。

 

 

お尻だけを揺すりながら状態を上げたり降ろしたりします。ブラブラと揺らしながら上下運動をしてあげます。腰、お尻イメージして、硬くなった筋肉が緩むイメージを持って揺すります。

 

 

肩も使って全身がほぐれるようにブラブラ、ユラユラと揺らしていきます。腰回りだけではなく、全身の筋肉が緩んでくるまでしっかりと揺らすイメージですね。

 

 

他の部位は緩める感じですが、お腹周りの筋肉だけはしっかりと引き締めておくイメージを持ってストレッチをして下さい。最後はユックリと体を起こします。

 

 

最後は、前屈だけのストレッチでしたので、腰に手をやり後ろに反るという所もしておきます。そうすることで前屈だけでなく、反った時の筋肉も使えますのでしっかりとほぐれます。

 

 

膝を伸ばしたまま、アタマをしっかりと倒して重たいアタマを最後に戻して終わりです。後ろ側に反るのも実は腰にとってはいい運動で、いい腰というのは弾力のある腰だそうです。

 

 

つまり、腹筋、背筋もありながら柔軟性もある腰が良い腰ということです。反って戻す時の注意点ですが、アタマは最後にあげること。首は細くてアタマは大きいですので、アタマからあげると首に負担がかかります。

 

 

ですので、最後にアタマを戻す。腰全体から上げるというイメージを持ってストレッチをしてください。

 

 

立ったまま出来る腰のストレッチいかがでしたか?私は結構気に入っている運動ですので、利用しています。結構どこでも使えるので、腰が張ってきた、、、とか腰がダルい、、、という方はぜひこのストレッチをしてみてくださいね^^。

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<