MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

腰の痛みを治すためのストレッチ

こんにちわ、吉村です。
今日は腰の痛みを治すストレッチについての動画を調べてみました。

 

 

 

1人で出来る腰痛ストレッチです^^。

 

【概要】
腰回りをメインにしたストレッチです。エリカ先生好きです^^;すみません。

 

カカトとカカトを一直線にします。そして前屈をします。

 

左足、右足ドチラが上でも構いませんが、前屈した時の感覚を覚えておきましょう。そして、それが基準になります。

 

 

そして、ロールアップ後、手でグーを握り、親指を尖らせる。そして、その親指で腸骨稜(ちょうこつりょう)と呼ばれる、骨盤のあたりの場所を押してあげます。腸骨稜を指でグリグリと回しながらやると気持ちいいです^^。

 

 

そして、ある程度回したあと、先ほどの前屈をすると、かなりやりやすくなっている場合があるのですが、それは腰回り、腸骨稜の部分の筋肉が緩んできた証拠です。

 

 

1人でする場合は、なかなか難しいので、刺激を挿れる、そのあとストレッチという流れで行うというやり方です。グリグリをしてみて気持ちよくなったら、前屈。そういった流れで行ってみてください。

 

 

反対の足に組み替えて、同様に腸骨稜の部分を拳で刺激します。骨盤周りをグリグリすることで血流を集め、そして前屈することで更に柔くなるというのがこのストレッチの特徴です。

 

 

グリグリして前屈、刺激をあてて前屈。

 

 

そしてグリグリした違いが分かった状態で、腰のストレッチをします。右手を左膝に乗せ、気をつけの状態で後ろへ息を吐きながら向きます。

 

 

同様に反対側にもストレッチをします。こうすることで腰がかなり楽になっているはずです。

 

 

腹式呼吸をしながら、右の肩の先端を見るような感じで後ろを向きます。コレを反対側もします。深く呼吸するのがポイント。

 

 

そして力を抜く。パーツごとに一個一個丁寧にすることで、お尻が今日はコレくらい緩んだという感覚を掴んでみましょう。

 

 

腰の凝り、椎間板という部分は、お尻、腰回りの筋肉が固まったいるのが原因ですので、出来るだけ緩めていくことが大事であり、そういったストレッチを選んであげましょう。

 

左腰、右腰に効果があるマッサージ動画

 

これは左腰、右腰というふうに分けてマッサージするという動画です。人間は元々左と右が対称ではないのですが、そういった意味で右腰が痛いという人、左だけが痛いという人もいます。

 

 

そういった方の為に紹介するのがこの動画です。

 

 

【概要】

 

片側だけの腰の痛みはもちろん、両方の腰の痛みにも対応しているのがこのストレッチです。このマッサージですが、腰の横側の痛みに効果がある方法となります。

 

 

このマッサージですが、横向きで行います。ですので妊婦さんが急に腰痛になった時でも使えますので、妊婦さんの方、また、妊婦さんを持つ旦那さんも覚えておくといいでしょう。

 

 

腰の部分、背骨から横の部分は腰方形筋といって、腰痛の方が痛みが出やすい筋肉になります。この部分が硬くなることで腰痛を引き起こすワケですね。

 

 

この部分を直接刺激するのが今回のマッサージ方法です。横向きになって刺激をすることで、この腰方形筋が緩みやすい状態になりますので、しっかりと覚えていきましょう。

 

 

まず、痛みのある方を上にして横向きに寝ます。枕をして、出来るだけカラダを起こすようにします。この状態で、脇(上側)に緊張がない状態を作ります。触れば分かるのですが、柔くします。

 

 

そして、軽く背中を丸めた状態で、腰の痛みがある部分を探していきます。その状態でユックリと痛みがある場所をほぐします。ユックリと圧を加えながら押していって下さい。

 

 

腰の部分で上下動かしてみてください。そして次に筋肉をつまむように上下に移動させるように行います。手を反対向きに変えてつまんで上下に移動。そうする事で硬めの筋肉を柔くしていきます。

 

 

特にマッサージを行っている時、痛みを感じるところがあると思いますが、その際はイタ気持ち良い感覚で腰を押しストレッチをして下さい。

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<