MENU

腰痛は自宅で治す事が出来る!

管理人は無料動画以外にも、有料のDVDもオススメします^^。根本的に自宅で腰痛を治したい方は、選択肢の一つとして、有料のwebで売れている腰痛改善DVDも検討してみてはいかがでしょうか?

>>【返金保証!】webで人気のオススメの腰痛改善DVDはコチラで紹介中!<<

酷くないからと腰痛を放置していると起こる弊害について

こんにちわ、吉村です。

 

腰痛が起こった時、どういった対処法をされているでしょうか?腰痛が起こっても、ギックリ腰以外は病院にいったり、整骨院へ行ったりすることは無いのではないでしょうか。

 

 

私も全くそのとおりでして(笑)、病院は最後の砦という感じでしかとらえていません。絶対に良くならないと分かっているギックリ腰でも、『このままジッとしていると治るかも、、、』と淡い期待を持って過ごしている始末です^^;

 

 

腰が痛い、、、というのを感じた時、

  • 100均でツボ押しやテニスボールを使い無料動画を観る(笑)
  • 体を温める、シップなどを貼る。
  • 横になって安静にして腰に負担がないようにする
  • 安めのクイックマッサージや子供に腰に乗ってもらう

 

こういった事をするのではないでしょうか。神経ブロック注射などをする方もいるようですが、私はここまでひどくなったことがないので、これだけはしたくないと思っていました。

 

 

一時的な筋肉疲労などによっても、腰痛が起こったり、立ち仕事、座りっぱなしなどが続くと腰痛が酷くなることはありますので、そういったのは効果があるかもしれませんが、基本的に慢性的な腰痛持ちの場合、上記のような方法では改善されないのが殆どです。

 

どういった弊害がおこるのか?

 

腰痛の痛みをずっと放置している場合、様々な部分での弊害が起こります。理由は、腰が痛いために腰をかばう動きを日常生活で知らず知らずのうちに行っているからです。無意識に腰をかばいながら生活するために、今まで正常だった別の部位にも負担がかかるようになるのです。

 

 

腰痛は腰の筋肉だけではなく、お尻の筋肉、太モモ、ハムストリングなどの筋肉が硬い事によって起こりますが、そういった今まで使っていない部位を酷使したり、姿勢を悪くすることで脊髄、頚椎の歪みなどを引き起こします。

 

 

この事が原因で、更に腰回りの筋肉が硬くなったり、歪むことで負担がかかり更に腰痛が悪化するワケですね^^;悪循環が腰回りで起こってしまうのが放置しておくとダメな理由なんですね。

 

 

普段どおりの生活ではなく、腰をかばうことで、『肩コリ、四十肩・五十肩、頭痛、首の痛み・ハリ、肩甲骨の痛み、背中の痛み、倦怠感、疲労感、股関節痛、膝痛、自律神経失調症、手のしびれ・だるさ、不定愁訴』などを引き起こす可能性があります。

 

 

不定愁訴(ふていしゅうそ):「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。 患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。ウィキペディアより

 

その場しのぎの腰痛対策ではダメ

 

腰が痛い度に、適当にその場しのぎで腰痛対策をしたり、ちょっと動画を観てストレッチを試したりするのは、かえって逆効果の可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

現在、多くのストレッチが紹介されていますが、無料のパートというのは、体系的な腰痛対策ではなく、あくまでも毎日の予防や緩和という部分でのストレッチだと思います。

 

 

腰痛をしっかりと改善するためには、体系的な抜本的な方法を理解する事が重要になってきます。しっかりと腰痛を消したいという方は、私がオススメするDVDで体系的に腰痛予防をされてみるのもいいと思います。

 

>>【全額返金保証!】オススメの腰痛改善DVDはコチラです<<